みんなのブログ

最近のブログ

七夕
お誕生日会
今年もいっぱい

分類:職員の声 を表示
新聞掲載されました!
作成日時:2018/08/15 分類:職員の声


 特別養護老人ホーム ラックで介護福祉士として、認知症ケア委員会の委員長として活躍してくれている大野 寛明さんが岐阜新聞の介護特集で取材を受けました。

 最初はピンと来ていなかった介護の仕事ですが、働くうちその魅力を感じ、やりがいある仕事と感じてくれているようです。




 人の心、優しさ、感謝に出会える介護のお仕事。あなたもチャレンジいかがですか?

キャラバン・メイト養成研修修了の証
作成日時:2017/11/25 分類:職員の声

わたくし、りんどうの三浦は このたびキャラバン・メイト養成研修を修了致しました。

□ キャラバン・メイトとは?
地域で暮らす認知症の人やその家族を応援する「認知症サポーター」をつくる「認知症サポーター養成講座」の講師役を務める人のことを「キャラバン・メイト」と呼びます。

□ 認知症サポーターとは?
高齢者人口の増加による認知症対策として厚生労働省が2005年から始めた制度で、認知
症を正しく理解し、認知症の人や家族を温かく見守る応援者となることを目的としています。

「認知症サポーター養成講座」を受けると「認知症サポーター」に認定され、その証として「オ
レンジリング(ブレスレット)」が付与されます。

□ キャラバン・メイトとして これからの活動
認知症は誰にでも起こりうる脳の疾患です。認知症の方や家族が、地域での生活を安全に穏やかに営むために一人でも多くの方に認知症の事を知って頂き、サポーター(=応援者)となって頂きたいと願い多数の認知症サポーターを養成していきたいと思います。


介護の日を迎えて。
作成日時:2017/11/20 分類:職員の声


 ラック介護職員の大野寛明です。
 11月11日は、介護の日。

 岐阜新聞に「介護の次代を担うニューリーダーたち」との特集記事が掲載されました。

 

 なんとその中に、私が登場します!

 

 正直照れます。
 
 新聞にも書きましたが、先輩から多くを学んだから今の私がいます。

 これからは後輩たちに、介護の魅力ややりがいを伝え、利用者一人ひとりのニーズに合った介護が出来る施設を目指します!

11月11日は 介護の日!!
作成日時:2017/11/11 分類:職員の声

今日は ポッキーの日 とも 言われていますが
私たち 介護従事者は 1111日は 「介護の日」 なんです!!! 
りんどう では 新しく入浴チェアーが 仲間入りしました。
入浴チェアーも増え 利用者様も スムーズに 
入浴して頂けるように なりました。 

日頃 利用者様が 安心安全に 過ごして頂けるように
お手伝いさせてもらっている職員の姿です。




私たち職員は このように利用者様の 笑顔に 出会えることが 
嬉しく やりがいとなっています。

あなたも 私たちの仲間になり この優しいに 一緒に 出会いませんか? 

育児休業から職場復帰です!
作成日時:2017/10/17 分類:職員の声


 ラック介護士の坂口美里です。
 1年間の育児休業を頂いていましたが、今日から職場復帰です。

 出勤日や勤務時間の希望も聞いてもらいましたし、復帰前に何度か主任や職員と面談させて頂いたり、施設内を子供たちと一緒に回って利用者さんとお話したりして、不安なく復帰ができました。

 朝は統括主任からオリエンテーションと業務内容の確認がありました。

 

 子育てと仕事の両立は不安も大きいですが、上司も相談窓口も女性で話しやすいし、理解がある職場なので安心です!

 気を引き締めて頑張っていきたいと思います!