事業計画・事業報告

平成29年度 事業報告


 平成29年度の事業報告書が理事会で承認されました。

平成29年度 社会福祉法人 善心会 事業報告書

中長期事業計画

 
 当法人は、法人及び施設運営についての中長期事業計画を定めています。これは、当法人の今後のあり方についての根幹となる計画であり、単年度において定める事業計画は、この中長期事業計画に沿ったものとなります。

 社会福祉法人としてこの地域から求められる役割を追求し、ここに定める法人及び施設の運営についてのビジョンを実現するため、職員一同全力で邁進いたします。



 社会福祉法人善心会 中長期事業計画(2018年4月~2027年3月)


 社会福祉法人善心会 平成30年度事業計画



平成29年度 事業計画

平成29年度 社会福祉法人善心会 事業計画

1.施設運営
 特別養護老人ホーム ラック 入所定員70名(うち地域密着型10名)
 特別養護老人ホーム りんどう 入所定員29名
 小規模多機能型居宅介護 りんどう 登録定員25名
 グループホーム りんどう 定員入所18名

2.看取り体制強化
 ラック・りんどうを含めた特養入所者平均介護度3.9以上という入所者の重度化や本人及びご家族の施設内看取り希望の増加を受け、施設内での看取り体制の強化を図ります。
    ① 新たな旅立ちを見送るための心構えとご家族対応方針の明確化
    ② 看護職員の終末期医療研修派遣
    ③ 終末期ケアプランの作成と実行に関する勉強会開催

3.中堅者職員の育成
 介護人材確保困難時代において、現有人材の離職を最低限に抑えることを念頭に置き、中堅者育成をすることで労働環境改善、新入職員育成を目指します。
    ① 研修委員会、災害対策エコ委員会、認知症ケア委員会、地域共生委員会などの委員会活動
    ② 県老施協が行う中堅者育成研修に年間通して職員を派遣する。
    ③ 人事考課制度を活用して職員の希望する研修受講や資格取得を把握し、資金貸付やシフト
     配慮を行っていく。

4.介護人材確保に向けた取組
 全国レベルで課題となっている介護人材確保のため様々な取組を行います。
    ① ハローワークや労働安定センターなどが主催する面接会等への積極参加
    ② 法人ホームページでの施設紹介、職員の声や介護の魅力発信
    ③ 小中学校生徒や高校生、大学生の施設見学、職場体験、実習の積極受入
    ④ EPA、介護留学生など海外からの人材の受入準備計画実行
    ⑤ 県が実施する「介護人材育成事業者認定 グレード1」の取得に向けた要件確認と準備